加害者と被害者

交通事故には必ずそれを引き起こした側と、引き起こされる側があります。事故に『巻き込まれた』という場合は被害者側、事故を『引き起こした』という場合は加害者側といえるかもしれません。さて、これは当然のことと言えるかもしれませんが事故を引き起こした側は、事故に巻き込まれた側に対して賠償を行う必要があります。車同士の事故である場合、過失が認められる方が修理費などを負担しますし、もしそれによって相手が怪我などをしている場合はそれの治療費や通院費、そういった点によって賠償が行われるべきです。

もっと特別な場合として事故によって巻き込まれた側が後遺障害を負ってしまう場合があります。後遺障害とはあとにのこる症状のことであって、人によっては生活するのに介護がいつも必要な状態になってしまうこともあります。後遺障害には等級が与えられますがその等級に応じて保障などが行われます。保険に加入している場合そこと交渉等を行う場合もあります。

どちらにしても事故時はそのような賠償に関する事柄が行われなければなりません。実際にそれらに関してどれかの手続きを忘れてしまうことも考えられますので、事故後は迅速な対応が求められるのです。

交通事故は油断から

「何も怖いものはない」…そう、自信たっぷりに答えられる方は、どのくらいおられるのでしょうか。きっと、そうそういないはずです。私達は、少なからず一つは、いわゆる『弱点』のようなものを持っていて、それらが災難となって私達に降り注ぐ時、他の対応しうるトラブルが発生する時よりも遙かに、対応しづらい、と感じることでしょう。

できれば、そういった苦手なものは、近付きたくない、誰かに押しつけたい、ということまで思うかもしれません。咄嗟のことに反応できないのはそもそも誰でもそうかもしれませんが、本当はもっと咄嗟に反応しなければいけなかった…あとからそれを後悔してしまうような状況が起こりうる、という点は注意しなければなりません。ベストを尽くさなかったゆえに、自分の身に、それだけでなく、他人の身に不幸を招いてしまう、ということがあり得るのです。なぜ、そのようなことがあり得るのでしょうか。

例えば、少し特殊な例について考えてみましょう。私達が、車を運転していて、不意に歩行者が歩道から飛び出してきた時、もし根拠無く「何も怖いものはない」と豪語していた人は、すぐには飛び出してきた歩行者に対応できないかもしれません。そのような事態が発生しうることを考えると、絶対安全、という状況を作るのは難しい、だからこそ私達はいつも準備が整っている必要がある、といえます。交通事故そのものをさけるためにも、同様の意識が必要です。どのような必要があるのでしょうか。