加害者と被害者

交通事故には必ずそれを引き起こした側と、引き起こされる側があります。事故に『巻き込まれた』という場合は被害者側、事故を『引き起こした』という場合は加害者側といえるかもしれません。さて、これは当然のことと言えるかもしれませんが事故を引き起こした側は、事故に巻き込まれた側に対して賠償を行う必要があります。車同士の事故である場合、過失が認められる方が修理費などを負担しますし、もしそれによって相手が怪我などをしている場合はそれの治療費や通院費、そういった点によって賠償が行われるべきです。

 

もっと特別な場合として事故によって巻き込まれた側が後遺障害を負ってしまう場合があります。後遺障害とはあとにのこる症状のことであって、人によっては生活するのに介護がいつも必要な状態になってしまうこともあります。後遺障害には等級が与えられますがその等級に応じて保障などが行われます。保険に加入している場合そこと交渉等を行う場合もあります。

 

どちらにしても事故時はそのような賠償に関する事柄が行われなければなりません。実際にそれらに関してどれかの手続きを忘れてしまうことも考えられますので、事故後は迅速な対応が求められるのです。